ホーム > 税制改正について

税制改正について

税制改正

「“税制改革で相続のときの課税対象者が増える?”いったいどうしたら……」
「今まで相続税の心配がなかった人にも、影響が出てくる?」
税制改正のポイントとその対策について


平成25年度に税制改正が行われ、個人の税金も影響を受けることになりました。中でも相続税に関しては大きな動きがあり、平成27年1月1日の相続分から基礎控除額が4割引き下げられます。これによって、納税義務が生じる人が大幅に増えてしまうことになります。
つまり、改正以前は相続に関係のなかった人も納税義務者になってしまうのです。

相続税の基礎控除額

改正前(平成26年12月31日まで)
5,000万円+(1,000万円×法定相続人数)=相続税の基礎控除額

改正後(平成27年1月1日以降)
3,000万円+(600万円×法定相続人数)=相続税の基礎控除額

このように大幅に引き下げられてしまうため、家屋や土地などの資産があれば、この基礎控除額をすぐにオーバーしてしまう可能性も出てきました。
もし、土地の評価額が上がると、財産そのものは増えていないのに、課税価額が増加し、相続税の負担が重くなるという恐れもあります。

そのため、平成25年の改正をふまえて対策を立て、準備を進めていくことが大切です。
まずは「どれくらい納税しないといけないか?」を把握したうえで、その対策を考えます。財産の分割方法、申告による軽減措置や配偶者控除など、納税額を減らす方法はいろいろあります。当事務所では、わかりづらい税制改正やその対策などについても、丁寧にご説明いたします。知らないうちに損をしてしまう前に、ぜひ専門家にご相談ください。

アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら