ホーム > 生前贈与

生前贈与

生前贈与

大切な財産を上手に贈与するための“生前贈与”

財産を無償で与えることが贈与です。
贈与をする人が亡くなり、家族が財産を一度に相続した場合、多額の相続税が発生する場合があります。
その対策として、贈与をする人が生きている間に財産を贈与する「生前贈与」があります。

「生きているうちに、財産を譲るなんて……」「親にそんな話はできない」
などと思われるかもしれませんが、贈与を上手に、賢く利用することは重要です。

年間110万円までなら、基礎控除があるので税金はかかりません。この制度を活用して、少しずつ財産を贈与していく方法があります。
また、「結婚20年以上の配偶者への贈与は、住んでいる不動産は2,110万円までは非課税になる」といった制度もあります。
そのほか、生前対策としては遺言書の作成、資産の活用などが考えられます。

当事務所でも、さまざまな生前贈与についてのご相談を承っています。
たとえば、奈良県内に農地をお持ちの方のご相談の例では、後継者のいない農地でしたので、息子さんに生前贈与し、宅地に転用してアパートを建てるようにご提案しました。
このように、ご本人とご家族の将来、そして二次相続までを考慮したご提案を心がけております。

アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら