事務所Blog

2020年8月31日 月曜日

節税対策で「贈与」が見直されている

    自分が亡くなった後、子供や孫たちが困らないようにと、アパート・マンションやテナントビルなどの不動産の活用が相続税の節税対策、かつ安定的な収入の確保対策として注目されてきました。ところが今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響で肝心の賃料収入が減り始めています。飲食などの店舗が入居するテナントビルは収入半減も目立つようになっています。アパート賃貸も不透明感が強くなっています。「賃貸不動産による節税対策は赤信号が灯った」といえるようです。
いま、改めて生前贈与を使った節税が見直されています。まずは非課税制度を活用した一括贈与です。贈与税は通常1年間の贈与金額にかかり、贈与を受けた人が負担します。財産を一括贈与すると多額の贈与税がかかることになりますが、非課税制度を使えば多額の贈与が無税となります。この制度に「住宅取得資金の非課税制度」とか、「教育資金の非課税制度」「結婚・子育て資金の非課税制度」などがあります。
 基礎控除(年110万円)の範囲内で毎年贈与をする方法もあります。親が20歳以上の子に1,000万円を一度に贈与すると贈与税が177万円かかりますが、毎年100万円ずつ贈与すれば10年後には無税で計1,000万円贈与できます。ただ毎年贈与するなら「贈与契約書などの記録をきちんと残しておく」それがないと一括で贈与したものを分割で渡したとされ、問題となることがあります。
   相続時精算課税贈与も活用の仕方によっては、大変有効に活用できることもあります。
   私どもの事務所ではご相談くださる方の身になって、その方の思いを最大限実現出来るように考えさせていただいています。何でもご相談ください。



税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘


記事URL

2020年8月24日 月曜日

遺言で守る家族の絆

    先日、遺言の相談がありました。お父様が亡くなられた時はお母様がご健在で、お母様が主導的に分割案を作り、子供たちも何も不満を言わずに相続が済んだそうです。
 ところが、お母様が亡くなられた時は子供3人の間で揉めて分割するのに大変苦労されたそうです。今も感情のしこりは残ったままで、交流もほとんどない状態になっておられるそうです。それで、自分の相続で家族につらい思いをさせたくないので遺言を考えているのですが、どうしたものでしょうか。という相談です。
 確かに、遺産の相続をめぐる財産争いを防ぐために遺言書を活用する人は増えています。遺言書は財産を贈与する法的効果があり、相続におけるトラブルを防ぐ効果もあります。
 主な遺言には裁判官、検察官などの経験がある公証人が内容を聞いて文章にする「公正証書遺言」と自分で手書きした「自筆証書遺言」があります。自筆証書遺言は自筆で書くだけなので簡単ではありますが、法律要件等で後々トラブルになりやすいと言われています。今年7月からこの自筆証書遺言書の法務局での保管制度が新しく出来ています。公正証書遺言は公証人が作成するものですから法律要件等の心配はありません。
 私どもで遺言の相談を受け遺言書作成となれば自筆証書遺言でも法律上問題のないように充分指導させていただいていますが、公正証書遺言を一緒に考えさせていただくことも多いです。遺言の内容が決まれば私どもで必要なことを下書きし、それを見てもらった後、公証人役場に持ち込み、公証人役場でそれを遺言書の形にしてもらい、日時を決めて遺言する方と一緒に公証人役場に行き(証人2人は私ども事務所から)、公証人が読み上げることが自分の思いどうりかを遺言される方に確認してもらって公正証書遺言を完成します。
 遺言書がすべての相続人に気持ちよく納得してもらえる内容でないケースもあります。それで、そのように分割する理由や残される家族への想いを「付言」として記すようにアドバイスすることも多いです。
 私どもの事務所では相続税対策はもちろんのこと、残された親族間でいわゆる"争族"の問題を生じさせないための提案も色々とさせていただいています。何でもご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘



記事URL

2020年8月17日 月曜日

孫たちと一緒にお盆のお墓参りをして

     昨年8月末、遠い玄界灘に浮かぶ壱岐島(現、長崎県壱岐市)から新しく創った奈良のお墓にご先祖様にお移りいただきました。このお盆のお墓参りをして、やっと通常の1年間のお墓のお守りができました。
 壱岐には年に一回、お盆の前か後にお墓参りに行くのがやっとでしたが、この一年は秋のお彼岸、お正月、春のお彼岸、お盆と、子供たち、孫たちと一緒にお墓参りができました。
 孫たちも、毎回お墓のまわりを掃除したり、お花等飾ったり、ローソクをつけたり、お供え物をしたりして、お墓参りをすませました。その後は、墓地の周辺の大自然の美しさを満喫するように走りまわっていました。このような交わりが家族を大事にし、先祖の歴史を大事にできるような環境になればいいなぁと思いながらのお盆のお墓参りでした。
 先祖の財産として配偶者や両親等から受け継ぐ財産は原則として相続税のかかる財産とされてますが、墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など、日常礼拝をしている物は相続税がかからない財産とされています。これらのものはご先祖さまが累々と引き継いでこられた文化であり、歴史そのものであると考えられるので非課税財産とされているものと、私は感じています。
 私は相続のご相談をいろいろと受けながら、ご先祖様の財産相続をするということは、物的財産の引継ぎだけでなく、先代が引継ぎ蓄えてこられた文化や想いを引継ぐことだと思っています。相続のこと何でもご相談ください。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘




記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら