事務所Blog

2018年3月26日 月曜日

家族間の心情も考慮して

    最近、相続の相談が多くなっています。相談としては節税対策、事業承継、遺産分割の方法、納税資金といった内容が中心となります。これらの相談内容の中でもやはり一番多いのは節税対策です。
 生前贈与、不動産の活用、生命保険など身近な節税対策だけでも色々な対策を講じることが出来ます。また、その人その人にあった特別な対策も色々と考えられます。充分な検討と注意を持って節税対策をしていきたいと思います。
しかし、節税のテクニックに走りすぎて残された家族間の争いといった税金以上の負債を残すようなことがあってはならないと思っています。
   私どもでは、人と人との問題も重視し、相談者の思いを充分にお聞きし、相続対策を税金対策だけの一過性のものとせず、将来にわたって家族の財産を守っていくご提案を行うことを心掛けています。
   なんでもご相談ください。一緒に考えさせていただきたいと思っています。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

2018年3月19日 月曜日

相続した空き家 眠らせずに・・・

    離れてくらしていた親から家を相続で受け継いだものの、住んだり貸したりせずに放置しているケースが多いように思われます。
 都市部など、立地が良ければ賃貸ということで家賃収入を得られる場合も多いと思いますが、賃貸に出すには多額の改修費がかかることが多いです。相続を受けた所有者がすでに高齢者であったりすると多額の費用をかけてまで賃貸経営に乗り出す気持ちにはなりにくいようです。
 自分が育ってきたご両親との思い出の詰っている家を賃貸したり手放したりすることを躊躇されている方もおられると思います。
 誰も住まなくても毎年、土地・建物には固定資産税や都市計画税がかかります。メンテナンスなども含め維持コストは大きなものになってしまいます。売却ということも選択肢になります。
 次のような一定の条件を満たすと、土地・建物を売却して得た利益(譲渡所得)について、空き家の相続人一人当たり3,000万円を特別控除でき、大きな節税になります。

対象となる空き家
①昭和56年5月までに建てられた一戸建て
②亡くなられた人が一人暮らしをしていた
③相続発生からずっと空き家のまま

売却する際の条件
①相続発生の3年後の年末までに売却
②建物は解体するか新耐震基準を満たすよう改修
③売却価格は1億円以下

  このような節税に繋がるものはないか等々を常に考えながら相談にのらせていただいています。
何なりとご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

2018年3月12日 月曜日

" 再び修学旅行 島のぬくもり "という記事を見て

  大阪に住む友人が私の故郷壱岐島(長崎県にある玄界灘の孤島です)の記事が載っている新聞の切り抜きを送ってくれました。そこには高校時代に修学旅行で訪れた壱岐の島を同窓生4人で33年ぶりに再訪し、さらに1年後に同窓生19名で島を訪れた際の体験記が載っていました。風光明媚なだけでなく、人情味溢れる島であるという本当に嬉しく思える記事でした。先祖が代々と永く引き継いできた壱岐の私の所有となっている田、畑、山林等を「負の不動産」などと言っていた自分の浅はかさを恥じました。
  遠い大阪にもこんなに憧れを持って下さる人がおられるのだ。その憧れの"壱岐の島"に郷里を持っている。そこに不動産を持っている。永く続く先祖の墓を持っている。先祖の墓や不動産があることで、年に一回はお盆の前後に息子夫婦、内孫、私たち夫婦の6人で帰郷出来る機会を持つことが出来ている。こんな嬉しいことはないではないかという思いを深めました。
  私は跡取りの長男であるのに郷里の田、畑、山林等をほったらかして出てきてしまいました。壱岐に踏み留まって郷里壱岐を守ろうとしてくださっている方がたくさんおられるのだ。何の収入にもならないのに固定資産税等の管理費がかかる負の遺産、負の不動産などと考えるのはもっての外なのです。綺麗な素晴らしい壱岐の島の環境を維持し続けようと努力してくれている島の人たちに感謝し、少しぐらいの固定資産税は喜んで払うべきでしょう。「負の不動産」などということは、今後は思ったり、言ったりしないことにします。
  こんなことを思ったり、反省したりしている一人です。所有財産で色々と悩んでおられる方、ぜひ話をお聞かせください。一緒に考えていきましょう。


  税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら