事務所Blog

2015年3月30日 月曜日

相続対策は現在の財産の把握から

  今年1月1日から相続税の最高税率が50%から55%に引き上げられ、基礎控除が4割縮小されて多くの方々が相続税の心配をされています。
 また先ごろ公表された公示価格を見ればわかるように都市圏での土地の価格は上昇傾向にあります。アベノミクスで株価も上昇しています。税制の改正と資産価格の上昇で税負担が重くなっていると思います。
 まずは現在の財産の把握から相続対策は始まるといってもいいでしょう。どのような資産をいくら保有しているかの財産目録を作ることから始めます。財産目録のもとに老後の生活資金対策、相続税の税金対策、遺産分割対策、遺産の承継対策、それに二次相続の対策等それぞれの方に必要となってくると思われる対策を一緒に考えさせていただきます。

 
税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘
 

記事URL

2015年3月23日 月曜日

2015年の公示地価が公表されました

  先日2015年の公示地価が公表されました。近畿圏でも都市部では商業地、住宅地共に上昇していました。土地所有者にとって地価が上がっていくことは嬉しいことですが、将来の相続という面では心配がまた増えることにもなります。
最近は土地だけでなく証券市場も大きく上昇しているので有価証券を所有されている方が自分の財産額を見直され、相続税の相談に来られることも多くなっています。
 相続対策は早ければ早いほど負担が軽く無理をしないで確実に行う方法が見つかると思っています。
相続をされる方が若く、まだ時間があるようでしたら暦年贈与を活用し、贈与税の負担が少ない範囲で何年もかけて相続財産を少なくし相続税の負担を軽くする方法がとれると思います。
それぞれの方にあった色々な方法を一緒に考えていきたいと思っています。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

2015年3月16日 月曜日

家族の幸せを思っての相続対策

  先週、40代前半の男性の方が相続対策の相談にこられました。
 数年前から贈与の基礎控除110万円までの金額を活用して、奥様、子供さん4人に贈与をしてきたがこの方法が間違っていないか、との相談が主でした。
家族を大切に思っておられる気持ちと、非常に綿密に計画的にやってこられている贈与を活用しての相続対策に、感心させられました。
 この件では、子供さんが未成年者であるので、お父様から子供さんへの贈与契約書には子供さん(乙)の下に、乙の親権者としてお母様にも署名捺印してもらってくださいとだけ指導させていただきました。そして、相談に来られたお父様が若いので、これから時間をかけての相続対策などを話させていただきました。
 親が子供のために、子供が幸せな人生を送れるようにと思って、せっせと働き貯えてきたものを残してあげたいという気持ちが、社会を成長させ発展させていくのだと思います。
 そのようなシステムを税制が阻害するようなことがあってはならないと思っています。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口 泰弘

記事URL

アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら