事務所Blog

2015年1月26日 月曜日

相続増税が住宅に商機と考えての広告・記事が多く見うけられます

  最近「所有の土地に賃貸アパートを建てると相続税の節税になりますよ」とか「二世帯住宅は大きな節税になりますよ」といった広告やセミナーの案内をよく見うけます。
  それは今年1月1日から相続税の基礎控除の4割縮減等の増税がされ、多くの方々が相続税の心配をされていることに対してのものです。
  確かに、預貯金等の金融資産を不動産に変えれば所有資産の相続税評価は3割から5割下がります。借入をしての賃貸アパートの取得はさらに節税の効果を大きくしていきます。
 しかし、アパートの経営は、将来の長い間居住者が確保できるのか、収入は予定通り確保できるのか、といったリスクは常についてまわります。
二世帯住宅を同居の子などが相続すると、その土地が330㎡まで8割下がる特例が使えます。
 しかし、これも万一、親より先に子が亡くなり、独立した孫たちが相続することになった場合は、この評価減は使えず、建物のままでは遺産分割ができず売却して現金化しようとしても、二世帯住宅になっているので買い手がつきにくいといったリスクはあります。
 相続対策はいろいろありますがそれぞれの方、それぞれの家族にあった方法を考えていかねばならないものであると思っています。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

2015年1月26日 月曜日

相続増税が住宅に商機と考えての広告・記事が多く見うけられます

  最近「所有の土地に賃貸アパートを建てると相続税の節税になりますよ」とか「二世帯住宅は大きな節税になりますよ」といった広告やセミナーの案内をよく見うけます。
それは今年1月1日から相続税の基礎控除の4割縮減等の増税がされ、多くの方々が相続税の心配をされていることに対してのものです。
確かに、預貯金等の金融資産を不動産に変えれば所有資産の相続税評価は3割から5割下がります。借入をしての賃貸アパートの取得はさらに節税の効果を大きくしていきます。
 しかし、アパートの経営は、将来の長い間居住者が確保できるのか、収入は予定通り確保できるのか、といったリスクは常についてまわります。
二世帯住宅を同居の子などが相続すると、その土地が330㎡まで8割下がる特例が使えます。
 しかし、これも万一、親より先に子が亡くなり、独立した孫たちが相続することになった場合は、この評価減は使えず、建物のままでは遺産分割ができず売却して現金化しようとしても、二世帯住宅になっているので買い手がつきにくいといったリスクはあります。
 相続対策はいろいろありますがそれぞれの方、それぞれの家族にあった方法を考えていかねばならないものであると思っています。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

2015年1月19日 月曜日

相続対策としての生前贈与

  今年1月1日以降 相続税の基礎控除が昨年までに比べ4割縮減されたこともあり相続対策の一つとして生前贈与が注目されています。
「住宅資金の贈与」「教育資金の贈与」といった特別の目的のための贈与も話題になっていますが、これらの特別の贈与は目的が限定され使用についても厳しい制限があるため使える人は限られてきます。
 110万円までは税金がかからないという誰でも使える一般の贈与も注目されていますが、
この贈与も後々税務上問題にならないように注意しなければならないことが多くあります。
 贈与は、贈与しようとする人が自分の財産を無償で贈与を受ける人に与える意思表示をして、贈与を受ける人がそれを受けることをきちっと意思表示していることが大事です。
 法律上は契約書等は必ずしもいらないとされていますが両者の意思表示がされていることをはっきりさせておく為に贈与契約書を作り自署捺印しておくことも大事です。
 贈与がきちっとされていることをはっきりとさせるため、現預金の贈与なら贈与契約した日に贈与した人の預金通帳から引出し、その現金を贈与を受けた人の預金通帳にきちっと入れておく、不動産の贈与なら贈与契約からあまり間をおかずに所有権移転登記をしておくことも大事だと思います。 
 相続対策のためにせっかく贈与をしたのに、後々相続発生時等に課税当局とトラブルになって対策にならなかったということがないように手続きをすることが大事です。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら