事務所Blog

2019年8月19日 月曜日

相続放棄で最高裁が新判断

    伯父が残した債務を、相続放棄しないまま父親が死亡し、その債務を引き継ぐ形になった子供はいつまでにこの伯父の相続放棄をすれば返済を免れるのか。疎遠な親族の借金を知らないうちに背負ってトラブルになりがちな事例が争われた訴訟の判決が8月9日に最高裁でありました。
明治時代から「親の死亡時」から「3ヶ月」以内に相続放棄を家庭裁判所でしなければならないこととされていました。今回の判決はこれを否定し、「債務の相続人になったと知ってから3ヶ月以内であれば放棄できる」との初判断を示したものです。
 親族間の交流が希薄となり、近親者の遺産の状況を十分に把握できない時代になっています。「親の借金は子の借金」という単純な考え方は薄くなり、「事情を知らない相続人には過大な負担をさせない」という方向性を明確にした判決ではないでしょうか。
 私どもの事務所では、相続税の節税対策を色々と考えていくことはもちろんですが、民法等の法解釈の変化も充分に掴み、ご相談くださる方のお役に立ちたいと思っています。
 何でもご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘

 


カテゴリ一覧

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら