事務所Blog

2017年9月11日 月曜日

残された家族に円満に承継してもらうために

    自分が亡くなった後、相続で家族が揉めるといったことがないようにするのも重要な相続対策の一つです。
 自分が元気なうちに自分の意思を伝え、家族同士の合意を作ることが出来ればこれは非常に素晴らしいことだと思います。「自分が元気なうちは波風立てず」の弱気が、残された家族を混乱させることも多いと思います。
 親の介護・後見の負担は、それをしてくれた方とそうでない方との思いに大きな差があり、遺産争いの温床となることが多いです。
 先祖のまつりごとをし、お墓を守っていくことの労に対する評価もその任にあたる方とそうでない方との間では評価が大きく違って揉めることも多いです。
 自分の老後の生活を託す家族、家のまつりごとを託す家族には「感謝」の気持ちを持って、遺産配分を多くするのがフェアだと思います。他の家族も含めて自分が元気なうちに合意が出来るようにリードしたいですね。
 そうは言っても今仲良くやっているのにわざわざ波風を立てることはないと思われる方も多いと思います。そのような方には遺言書の作成をお勧めしています。遺言書は公正証書による遺言が相続発生時の相続人の負担等を考えるとお勧めです。遺言執行人をつけておくことも大事なことだと思います。
 私どもは、相続税対策で税金を最大限小さくすることはもちろんですが、家族に喜んでもらえる相続のお手伝いをすることも大事だと思っています。
   何でもご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘



カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら