事務所Blog

2017年5月29日 月曜日

旧奈良監獄 ホテルに

     明治政府が明治40年代に奈良、千葉、金沢、長崎、鹿児島に造った「五大監獄」のうち、唯一建物全体が残っている赤レンガの名建築と言われている奈良監獄(奈良少年刑務所)がホテルに生まれ変わることになったそうです。歴史的建造物の保存と観光資源としての活用を両立させようとするものだと思います。
奈良県は全国有数の観光地でありながらも、宿泊施設が少ないために宿泊者は全国で2番目に少ないと言われています。そういった状況を打開しようと、奈良県では奈良市役所前の旧プール跡地、奈良公園西にある「吉城園」周辺、奈良市高畑町の旧家庭裁判所分室跡地でもホテルの整備を進めています。
 インバウンド(訪日外国人)などの受け皿となり、観光振興に繋がると期待する人も多いです。
 周辺に土地を持っておられる方には財産の価値が上がるのは喜ばしいと思いながらも相続税を心配される方もおられます。
 このような場合に相続時精算課税制度の活用も有効な相続税対策だと思います。相続時精算課税制度では、相続の時に先に贈与を受けた財産を取込むことになっていますが、その取込む価格は贈与を受けた時の価格によります。将来大きく評価が上がることがはっきりしている財産は、相続時精算課税制度による贈与を評価が上がる前にしておけば相続税の大きな節税が出来ることになります。
相続のこと、税金のこと、なんなりとご相談ください。ご一緒に考えさせていただきます。

税理士法人野口会計事務所   所長 野口泰弘


カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら