事務所Blog

2016年7月25日 月曜日

遺産相続のための戸籍集め等も大変です

 遺産相続をする場合、亡くなった人と相続する人の双方を確定するための書類の準備も大変な作業です。亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍謄本がいるので、転籍や婚姻をしている場合、除籍謄本も必要になります。生前に本籍を移した全ての役所で戸籍を取得する必要があるのです。
 相続人はこの大量の書類一式がなければ何も出来ません。銀行預金の名義変更をしたり、預金の引出しをするにも、それぞれの銀行の窓口に出さなければならないし、不動産を相続登記するためには、これらの戸籍謄本を揃えて相続人全員が合意して作った遺産分割協議書に印鑑証明書を揃えなければなりません。
 相続税の申告でも、小規模宅地の評価減の特例とか配偶者の税額軽減の活用等にはこれらの書類をきちんと揃えて申告期限までに申告する必要があります。
 私どもでは、これらの面倒な書類集めもご依頼があれば代理取得させていただきます。相続税を最小にする節税を考えての相続税申告書の作成は当然ですが、その前段階の面倒な書類取得、遺産分割協議等を含め何なりとご相談下さい。


税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘



カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら