事務所Blog

2015年12月21日 月曜日

税金の制度が適用出来るかどうかで大きく負担が変わる

 先日、「 ローンで住宅を購入したのですが住宅ローン控除ができるでしょうか 」との問い合わせがありました。「 ローンは10年以上でしょうか 」とか「 所得は3,000万以下ですか 」等、住宅借入金等特別控除の要件を聞いていきましたら、購入した住宅が中古木造住宅で、22年経っているということなので、築後20年以内の要件がクリアできず、「 残念ですが住宅ローン控除は出来ないですね 」と、答えざるを得ませんでした。「 しかし大きな改修等があるようでしたら、そのローンについてローン控除の対象になるものもあるかもしれませんので、その検討をしましょう 」と話しをさせていただきました。
 このように、税法はちょっとした違いで適用が出来たり出来なかったりすることがたくさんあります。特に資産税関係、相続税関係では適用出来るかどうかで、税金が大きく変わってきます。
 例えば小規模宅地の80%評価減なども、適用出来るかどうかで税額が大きく変わります。不動産の評価をはじめ相続財産の評価では、評価の軽減規定が適用出来るかどうかで相続税額が大きく変わってくることがあります。
 私どもは多くの専門スタッフの豊富な経験のもとで、相続税の負担を最小限に出来る方法を追い求めています。何なりとご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘


カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら