事務所Blog

2015年10月19日 月曜日

軽減税率の検討で他の税制改正が後回しに

 消費税の税率を10%にする段階で食料品について軽減税率を導入する。その方法として財務省が検討していたマイナンバーを活用して軽減分を還付するという方式は、政府与党の一部の反対で撤回されてしまいました。
 この軽減税率問題に時間を取られるということで、政府・与党は検討を続けていた所得税の配偶者控除の見直し、酒税の税率見直し等は見送る方針だということです。
 税制の改正は私たちにすぐ影響するものも多いので、私どもの会計事務所ではより早く情報を掴み、税金対策をしていくことを心掛けています。
 特に資産税関係、相続税関係の対策はこの1、2年のことだけでなく、将来10年先20年先のことも考えなければならないので、将来の税制改正の動向は非常に大事なことと考えています。
 税制の動向も考えながら相談に乗らせていただきます。ぜひ何なりとご相談ください。

税理士法人野口会計事務所 所長 野口泰弘


カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら