事務所Blog

2013年12月26日 木曜日

スムーズに相続税を申告するために

被相続人が亡くなられてから10か月以内には、相続税申告書を提出し、現金で相続税を一括納付しなければなりません。
一括納付できない場合には、延納や不動産などの財産で納税する物納という方法もあります。
しかし、10か月を過ぎてしまうと、延滞税や加算税などが掛かるため、期限内にスムーズに手続きをしたいものです。

相続税額と遺産分割を確定しなければ、相続税申告書を作成し、提出することはできません。
4か月以内には、被相続人の準確定申告をし、相続人の青色申告承認届を提出します。財産目録の作成や財産評価、遺産分割、相続税額の確定などをスムーズに行わなければ、申告に間に合わなくなることにもなりかねません。

滞りなく相続手続を進めることに不安のある方、お困りの方は、奈良市の当事務所へお気軽にご相談ください。

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
税理士法人 野口会計事務所
■住所:奈良市高天町21-2 野口高天ビル
■電話:0742-26-1126
■FAX:0742-26-1127
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:土・日・祝日 年始年末

お問い合わせ 詳しくはこちら